生理不順や生理痛に慣れちゃダメ!早めの改善を!

重度の生理痛に悩まされている女性は少なくはないと思います。
仕事に集中できなかったりと生活に支障が出ている方も多いのではないでしょうか。
生理痛による体調不良によって仕事を休むことが出来る企業も増えていますが、男性にはわからない悩みであることから、ジェンダーハラスメントの原因にもなり得るのです。
女だからそんな理由で休めていいななどの差別的発言に心を痛めている方も少なくはありません。
また、生理痛がない女性からも、女性なら生理痛位耐えるべきといった見解を持たれることもあり、職場において生理におけるジェンダーハラスメントを溢れていると言えるのです。

痛み止などを服用しても効果を持続できなかった方は、低用量ピルを服用されることをおすすめします。
避妊として用いられるイメージの強い低用量ピルですが、実は生理不順やひどい生理痛を改善してくれる役割を持っています。
生理痛や生理不順などが起きる要因は女性ホルモンに関係しています。
低用量ピルでは女性ホルモンを一定化することによって生理周期を安定させ、生理痛なども改善することが可能となっています。

低用量ピルで人気の高いトリキュラーは副作用が少ないことでも知られています。
同じ時間に毎日ひと粒服用するだけで、今までいつ生理が来るのかビクビクして生活をしていた方も、生理周期を知ることでいつ生理が訪れるのか把握することが可能となります。
これまでひどい生理痛に悩まされており、それでも差別などを恐れて痛みを我慢して、仕事を休むことが出来なかった方においても、もう我慢する必要性はないのです。
生理による痛みは女性にしか分かりませんし、女性のなかでも痛みがある方とない方では大きな差があります。
痛みから守ることが出来るのは自分しかいないのです。
痛みや生理不順などは体調や精神にも大きな負担がかかりますので、早めに産婦人科などを受診して、低用量ピルを取り入れて改善を目指すことが大切となります。

低用量ピルならトリキュラーの人気が高い

産婦人科などで購入することが出来る低用量ピルですが、近年様々な種類があります。
そのなかでも最も人気が高いのがトリキュラーです。
トリキュラーは副作用が少ないだけではなく、薬の飲み忘れが少ない作りが人気となっています。

低用量ピルは生理前の周期に合わせてピルの服用を一週間止めなくてはなりません。
低用量ピルにおいては一週間開けて新しいピルのシートを飲み始めなくてはならないのですが、一旦やめてしまったことによってピルの服用再開を忘れてしまう方が多く、定期的に服用しなくてはならないピルに対して、飲み忘れは避けたいものです。
しかし、トリキュラーはこの飲み忘れを予防するために、ピルのシートの最後の一列を偽薬を設けることで、薬を飲むという習慣は守られつつ、生理周期を正すことに成功したのです。
そのことから、トリキュラーは多くの女性に支持されているだけではなく、低用量ピルを処方している医師などからも高い評価を得ています。
飲み続けることが生理不順を改善して、生理痛を和らげることに繋がりますので、トリキュラーは定期的に取り入れることが可能な、女性の強い味方です。

また、生理周期を低用量ピルではずらすことも可能となっており、大切な旅行や行事などが生理の日と被ってしまったときなどは、低用量ピルのシートをずらして飲むなどして、生理周期を動かすことも可能となっています。
社員旅行などで生理と気がつかれて、ジェンダーハラスメントの標的にならないためにも、事前に準備をしておくのも大切となります。
低用量ピルは生理に悩まされている女性を解決へと導く効果をもたらすことが出来ます。
女性であることを誇りに持てるように、トリキュラーで生理をコントロールしてみてはいかがでしょうか。