PMS対策で知っておきたい食事の重要性

PMSに悩まされている女性は、世界中でかなりの数に上ります。PMSを緩和するために、薬に頼っている人も少なくありません。PMS対策として様々な方法が提案されていますが、その一つは食事による緩和方法です。
実際食生活を少し改善しただけで、PMSが軽くなったケースが報告されています。食事は健康のための基本とも言えます。口から取り入れるものが、体質や体調を決定するといっても過言ではありません。
近年増加しているある種の生活習慣病は、食の欧米化が原因だと言われています。加えて外食産業の発展により、気軽に出来合いの総菜やお弁当を購入できるようになったことも一つの要素です。スナック菓子の新商品の数はますます増加しています。
おいしくても、栄養価の低いスナック菓子は、健康に寄与するとは言い難い食品です。食が溢れているように見えて、実は十分な栄養が取れていない隠れ食難民は社会現象の一つと言えるでしょう。現代のこうした食の変化は女性の体にも大きく影響を及ぼしています。
いつの時代であっても、月経は不快なものではありました。もちろん注目され研究対象となったのは近年のことです。そうとは言え、ひと昔前にはこれほど多くの人が酷いPMSに悩まされることはありませんでした。食事の変化が大きく関係しているということは、反対に食事の仕方でかなり改善されると言えます。
何を食べるかはもちろん、食べ方や食べる時間も大切です。食欲の赴くままに、食べることも避けなければいけません。食育という言葉は最近になって出来ましたが、それだけ健康的な食事が難しくなっていることを示しています。もちろん体質は一人ひとり異なるため、食事だけでPMSに対処できるとはかぎりません。
効果を実感できないこともあるでしょう。どのようなPMS対策を実施するにしても、食生活に気を配ることは基本的なことです。PMS対策を目指した食生活は、心身の健康に寄与することは確かです。

生理前に避けるべき食品とは

生理の前はできるかぎり、刺激物や糖分の高い食品を避けるようにしましょう。たとえばスパイシーで辛い食品も含まれます。香辛料などの刺激物は痛みを引き起こし、交感神経の働きを活発にさせることがあるからです。糖分高い食品は菓子パンやお菓子などです。
ところが多くの人は生理前になると無性に甘いものを食べたくなります。食欲に任せて、糖分の高い食品を取り入れるとPMSには逆効果です。糖分の高い食品を食べると血糖値が急激に上昇します。それにより疲労感を感じ、だるさや痛みを感じやすくなることがあるからです。
果物に含まれている果糖は砂糖よりも血糖値の上がり方が緩やかです。糖分を欲するときは果物で補うようにしましょう。刺激物にはカフェインも含まれます。特にチョコレートやコーヒーに含まれているカフェインには痛みを引き起こす成分が含まれています。
生理でない日に取り入れても問題ありませんが、始まる数日前からは避けるようしましょう。他にも油っこいものや添加物が多い食品も避けるようにします。揚げ物やラーメンなどが含まれます。食品選びだけでなく食べ方も大切です。生理中は胃の働きが低下しています。
消化能力を補うためには、普段よりも意識して咀嚼することがポイントです。咀嚼することで、消化を促進します。時間をかけてゆっくり食べることで、気持ちもリラックスすることができます。PMS対策には血行を促進する食品を積極的に取り入れましょう。
根菜や緑黄色野菜を薄めの味付けで食べることが理想的です。カフェインも全てを避ける必要はありません。紅茶やウーロン茶などの発酵したお茶は体をあたため、胃の働きを助けてくれます。食生活はPMS対策の重要な要素です。